オリジナルTシャツのセンス良く見せるためのパターン

オリジナルTシャツというと、高校や大学での文化祭で作るものを連想する人は多いでしょう。しかし最近は、文化祭で使うようなオーソドックスなデザインだけでなくタイダイ染めや刺しゅう入りのオリジナルTシャツが作れます。また全面プリントのデザインもあり、特に個性が光ったTシャツを作ることができます。タイダイ染めにはさらにプリントを入れることもでき、選択肢の幅が大きく広がります。最近はスマホカバーもオリジナルで作ることができますので、個性を主張できるTシャツはさらに需要があるでしょう。各オンラインショップのホームページを見ると、気軽に見積もりやデザインのシミュレーションができますので様々なパターンのイメージができます。シミュレーションをしているだけでもどんどん楽しくなってくるでしょう。

センスが光る世界に一つのTシャツ

オリジナルTシャツを作る際には、Tシャツの質も重要です。せっかくデザインしたのなら長く使いたいでしょう。おすすめは綿100パーセントで7オンス以上です。オンスとは重さの単位であり、Tシャツの厚さによって変わります。そしてデザインはタイダイ染めが人気です。タイダイ染めTシャツの多くは海外の商品であり在庫が極端に少ないですが、タイダイ職人が手作業で染めているので一つ一つ風合いが違うのが大変魅力的です。そしてオリジナル刺しゅうも個性を演出する材料の一つです。タイダイ染めもプリントも刺しゅうもとたくさん入れたくなる人がいると思いますが、それでは全体の統一感がなくなってしまいます。デザインを考えるときは一つだけ譲れないデザインを決めてそれを中心に考えていくのがいいでしょう。

オリジナルTシャツに合うコーディネート

Tシャツは基本的にシンプルなので、コーディネートによって印象が大きく変わります。もし派手なデザインならボトムスは無地で、シンプルなら柄物のボトムスを取り入れることで一気にセンス良く見えます。逆に派手なデザインに柄物のボトムスでしたらトップスとボトムスの柄同士が喧嘩してしまいます。ですからもしオリジナルTシャツを使った理想のコーディネートがあるのなら、それを考慮してデザインをしていくのがいいでしょう。その他にはTシャツと同系色のボトムスを合わせ、靴下やキャップなどで差し色を足すコーディネートもあります。スカーフや付け襟を使い、裾をシュシュでしばるのもいいでしょう。このように様々なコーディネートがありますが、全てにおいて共通して言えることは色の組み合わせを重視することです。