オリジナルTシャツを作るための注意点とポイント

オリジナルTシャツを作る場合、ショップやネット注文で簡単にオーダーできます。簡単にできるだけに、いろいろと注意しなければならない事もあります。気に入ったものを作りたければ、相談や打合せは必要になってきます。近くのショップであれば、Tシャツの素材を確認したり、プリント方法の選択についてアドバイスをしてくれると思います。いくつも見本が飾られていれば、そこから仕上がりのイメージが湧くかもしれません。ネット注文では、デザインを入稿してTシャツを選び、プリント方法や位置を決めてイメージと金額の確認ができたら作成する、という流れで手軽にできるのは嬉しいです。ネットショップは多数あるので、金額や口コミなどHPで確認することが必要です。実際に作成する場合は、複数のショップにデザイン入稿や見積もりをしてもらうことで、どこが良いか比較できると思います。

デザインにこだわって納得いくものを

オリジナルTシャツでこだわるのはデザインです。文字やイラスト、写真や刺繍など、デザインや組み合わせにこだわって、思い通りのオリジナルTシャツを作りたいですよね。デザインは自分で作ったものを、郵送やファックスもしくはデータや画像で入稿することができます。ショップが用意しているテンプレートや素材集から選ぶこともできます。手書き原稿からデザインを起こしてくれるショップもあり便利です。オリジナルのデザインでも画像・写真、ロゴやタイトルさらに歌詞の一部などによっては著作権・肖像権を侵害する場合があります。その範囲は幅広く、第三者の権利を侵害するものとわかるようであれば、ショップ自体が受け付けなく、許可が無いと製作できない場合があるので、デザインによってはあらかじめ確認をしておく必要があります。

素材やプリント方法、他にも確認が必要です

簡単に作れるオリジナルTシャツですが、満足いくものを作るには確認しておくことが多くあります。Tシャツの素材は薄い物から厚いものまで種類があり、薄いものは透けてしまうものもあります。また、同じサイズ表記でもメーカーによっての違いなどもあります。ショップによっては、サンプルを送ってくれるシステムもあり便利です。プリント方法には種類があり、Tシャツの素材やデザインによって仕上がりも変わってくるので、どの印刷方法が良いかはショップの方と相談した方が良いと思います。デザインの位置・サイズ、Tシャツの種類やプリント方法などが決まれば、見積もりで金額を確認しての発注ですが、いろいろ指定するうちに高額になることもあるので、何社か比較することも大事です。場合によってはキャンセルや返品にも料金が発生する事があるので事前に取引内容も確認しておく必要があります。