世界に一つしかないオリジナルTシャツにするための様々な方法

自分の個性を見せる素敵なオリジナルTシャツ。作り方も様々です。パソコンと熱転写シートとアイロンがあれば手軽にオリジナルTシャツが自作できます。自宅で早くて安くできますが、転写の際に失敗してしまったり、パソコンでのデザインに関する知識も必要になってきます。なにより、サークルや部活といった大人数でオリジナルTシャツを着たいといった場合、自宅で何百枚も作成するのは大変ですよね。そんな時、インターネット上で申し込みができるTシャツ作成サービスがおすすめです。雛形が用意してあって専用ソフトがなくてもデザインが作成できるようになっています。印刷に使用するTシャツも専用のものを使用しますから劣化しにくく洗濯してもプリントが色褪せません。なにより専用の印刷機を使用するので品質の高いオリジナルTシャツが作成できます。

オリジナルTシャツの代表的なプリント方法

業者によってさまざまなプリント方法を用意しています。あまりに種類が多くてどれがいいのか迷ってしまうことも。オリジナルTシャツを発注する時に代表的な印刷方法を覚えておくと便利です。まず人気の高いプリント方法である、シルクスクリーン。版にインクを載せで圧着をかけて印刷しますが、1色ずつ製版する必要があり、版代がかかります。インクジェットは直接プリントできるので製版の必要がありません。色の濃いTシャツを使用する際はメーカーによっては工数が増えるケースもあります。最後に、昇華印刷です。転写紙より布地に圧着させてプリントさせる方法です。素材に浸透するので洗濯してもプリントが劣化することはありません。ただし、濃色のTシャツや金、銀、蛍光色の印刷はできないというデメリットもあります。

オリジナルTシャツを作る時に注意したい著作権について

自分が好きなアニメキャラやアーティストの歌詞をオリジナルTシャツにしたい、という方も少なからずいらっしゃると思います。これからには著作権があり、管理者に許可なく使用することはできません。プリント業者も著作権を侵害するようなデザインは使用許可がない限りは注文を受けません。著作権があるデザインを使用したい時は、権利保有者に事前に連絡をとり、必ず使用許可をもらいましょう。パロディやオマージュだと問題ない、と考えもありますが、元になる作品との類似性が認められる場合、権利保有者からの承諾が必要とあります。しかし、人によって似ているかどうか意見が分かれます。業者側でも判断が難しいのが実情です。最終的には「トラブルが起きた際に注文した方が責任をもって対処してください」といった形に落ち着くようです。