東京で開業するなら居抜き物件のという選択

お店を出すさいの最初のハードルとなるのがお店を用意することです。自前で不動産が用意できれば問題ありませんが、多くの場合には賃貸物件で借りることになります。このさいの選択肢としては、まったく何もないもので、自前で内装工事などを行いお店を作る方法と、前の借り主が残していった設備を購入して利用する方法があります。居抜き物件とは後者のことで設備を購入することができるので、はやくお店を作ることができます。
特に東京のような賃貸物件の流動性の高い地域ではよく見られる賃貸物件として知られます。東京で多い理由としては、退去するさいの原状回復工事や借りるさいの内装工事が不要なので、そのぶんにかかる時間を節約することができるということで、このため多くの物件が見られ選択肢も豊富です。

居抜き物件の魅力とは

魅力としては、やはり開業までの時間が短いことです。お店作りというのは意外と時間が掛かりますし、まったく1からイメージ通りのお店を作るのはかなり難しいですが、それが省略できます。特に同業種であれば、ほぼ設備投資にかかる費用を節約することができます。また設備を購入し再利用をするので開業時の出費を抑えることができ、そのぶんを運用資金に回すことができます。
一方で退去するさいにも場合によっては設備を撤去する必要がないので原状回復にかかる工事費用を節約することができ、それだけ賃貸物件を借りるさいにオーナーに預けた保証料を多く取り戻すことができます。
このほか前の店の経営状態を見ることで採算性を推し量ることができますし、開業までの時間を大幅に短縮でき開業までスムーズに進めることができます。

利用するさいの注意するべきポイント

居抜き物件は上手く利用すれば魅力的な物件ですが、同時に事業に成功するためには問題点にも注意する必要があります。
第一に考えられるのは、前の借り主がどのような理由で退去したかです。例えば料理を提供するお店では料理の味やサービスが重要で、それらが悪ければ経営を続けることは困難ですから、退去することになります。これらの問題はお店のイメージを引きずるリスクはありますが、経営努力で改善することができます。一方で何らかの問題が起きた場合などは後々までその影響が出るので注意が必要です。もっとも最良な条件は評判の良いお店で、新しい賃貸物件に引っ越した場合や、経営は順調でも借り主が年齢や健康を理由に引退してしまった場合などが考えられます。
一方で契約にも注意が必要で設備は前の借り主から購入するという形式になります。このため設備の所有者など明確にされている物件を選ぶ必要があります。