居抜き物件を東京で探しまわってみて

居抜き物件を探しまわりました。どの業界でもやはり人口の多い東京に進出しビジネスをしたほうが儲かると考えています。しかし進出したくてもいい居抜き物件がほとんどないのが現状です。しかもある程度規模の大きな店舗を構えようと考えている場合は、すぐに見つけることは不可能に近いでしょう。もちろんどこのエリアに出すのかしっかりマーケット分析をしなければなりません。しかし現状マーケット分析をしたところで、物件がないことが多く、せっかくターゲットエリアを絞ってもそれから先になかなか進んでいきません。早い段階でエリアの選定を見直し、いくつか候補をリストアップしていくことも重要です。しっかりと自分が展開していく業種をしっかり理解し明確にしながら探していかなければいけません。

小さい物件を探してみる

飲食店、美容室、小売店など小規模でできる小さい物件は意外と探せばあります。東京は確かににぎやかですが、シャッターが閉まっている店舗も結構あります。不動産屋に問い合わせをしてみましょう。不動産屋自体はたぶん持っている不動産に関しましてはさほど違いがないかもしれませんが、自分で道を歩くことで早めに物件を探すことができます。歩くことで街の雰囲気も感じ取れますし、突然いい物件に出会ったりすることもあります。まずは不動産屋さんに問い合わせをしっかりして、自分の足で探し回ったほうがいいでしょう。大家さんと直接交渉ができ、金額的な事も、条件面も相談に乗っていただけるでしょう。とにかく居抜きは探さなければなにも始まりません。まずは物件探しからはじめましょう。

大きい物件を探してみる

東京で大きな物件を見つけることは非常に困難です。ほとんど土地がありません。小さい物件ならともかく、大きい物件となるとますます困難になります。こちらも歩き回るしかありません。しかしただ歩きまわっても途方に暮れるだけですので、ますは不動産屋さんと仲良くなることをお勧めします。大きい物件をただやみくもに探し続けても時間がなくなっていくばかりです。ですのでまずは贔屓にしている不動産屋を明確にし、物件の見つける作業が重要になってきます。
居抜き物件は業種によっては不動産屋も嫌がります。業種によっては結構色々決まり事があり、最初から何も紹介してくれない不動産屋もあります。とにかく不動産屋と仲良くなりいち早く情報をもらい対応していくことが非常に重要になってきます。