東京で居抜き物件を探す時のポイント

居抜き物件は、設備や備品がすでに整っているテナントのことをいます。首都圏にはたくさんの店舗があり、新規で開店するお店もあれば、閉店するお店もあります。閉店するお店は、通常テナントを元通りにして退去しますが、それだと退去するだけでかなりのお金がかかってしまうといった問題点がありました。
そこで、テナントをそのままにし、新しく同業者がそのテナントを借りる場合にそのまま使えるようにしたのが居抜き物件です。不景気になった日本において、このような不動産の賃貸の仕方は必然的でしょう。
メリットはたくさんあり、前の借り主は、退去時にお金がかからないため、金銭的な負担の面が少ないため退去しやすくなります。一方、新しい借り主も、すでに備品や設備がある程度整っているため、わざわざ初期投資が少なくて済みます。

東京23区の物件の特徴は狭いところが多いこと

東京23区には、さまざまな物件があります。その中で当然居抜きの物件も日本一多い地域です。その中で、物件を探す場合には、面識の小さいお店が多い傾向にあります。賃料が高いため、面積を小さくせざるを得ない部分があります。
23区内で居抜きで利用する場合のメリットは、たいていどこの場所でもお客さんが入りやすい場所になっているため、場所で苦労することはありません。また、設備や最新のものが多く、そのまま長年使い続けることができるものも多いでしょう。ただ、あまりにも新しい設備や価値のある設備などは、レンタル代がかかることがありますので、借りる前にしっかり確認をしておく必要があります。
店舗が狭いことが多いため、レイアウトをするのにも限度がありますので、できるだけそのまま利用するべきです。

23区以外で物件を探す場合のポイント

東京23区以外に多摩地区がありますが、ランニングコストを減らしたければ、多摩地区に店舗を構えてもいいでしょう。その地区には23区に比べると居抜き物件の数はずいぶんと少なくなります。ですが、中央線沿線や京王線、西武新宿線などの沿線は店舗が多いため、それほど苦労せずに探すことができるはずです。
多摩地区は、23区に比べると土地の値段が安く、テナントの賃料も安いのポイントです。また、店舗もある程度面積があるところが多いため、居抜きの物件を利用する場合でも改造するときの自由度は高くなります。
23区のように人が多いわけではありませんので、店舗の場所をしっかりと見定める必要があります。すでに設備や備品が整っているから安心なのではなく、開業した後にしっかりとお客さんが継続的に来てくれるような場所を選ばなければいけません。

居抜きの高額売却数は業界ナンバーワンです。 都内、神奈川県全域の居抜き店舗をカバーしております! 居抜きカフェでは、居抜き物件探しのポイントや開業前の準備、節税対策まで細かくご説明しております。 居抜き店舗での出店、開業、買取のサポートいたします。 幅広いネットワークで最新の居抜き物件情報をお届け致します! 毎日メールで新鮮な優良賃貸店舗情報のみ掲載しております! 東京で出店するなら居抜き物件でお得に!